このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

Fintechは世界中のTechメディアやIT業界では今や欠かせないトレンド・バズキーワードとなっております。そして日本国内でも自動の家計簿アプリ「マネーフォワードやCAMPFIRE(キャンプファイヤー)をはじめとしサイバーエージェントさんが運営するMakuake(マクアケ)などのクラウドファンディングで非常に沢山のサービスがリリースされFintech界隈も賑わってきています。

しかしFintechと言っても非常に幅広いためどういうサービスがあるのか、またどういうユーザーのニーズがあるのか今一度リサーチする目的も兼ねて今回はシンガポールに特化しFintechスタートアップについてご紹介します。スタートアップの方やこれから起業される方、また社内での新規事業を担当する方は必見です。

  1. Fatacash

設立: 2012年

ビジネスモデル: Fintech – 送金

公式サイト: https://www.fastacash.com/

調達額: $23.5ミリオン 4ラウンドで投資家7件より調達

最新の調達: 2015年7月14日、シリーズB $ 15M

fastacashは、ユーザーがソーシャルネットワークやメッセージングプラットフォームを通じてデジタルコンテンツ(写真、ビデオ、オーディオ、メッセージなど)とともに価値(金額、放映時間、その他の価値トークンなど)を転送することを可能にするグローバルな支払プラットフォームを提供しています。 同社は、セキュアなリンクでバリュー・トランスファーを可能にする特許取得済みであるリンク生成技術を開発しました。

その他のニュース :

https://www.techinasia.com/fastacash-series-b-funding

https://techcrunch.com/2015/07/14/fastacash/

http://www.smh.com.au/business/banking-and-finance/fastacash-bets-on-social-media-payments-surge-20160411-go3ipa.html

  1. TOAST ME

設立:2015

ビジネスモデル:Fintech – 送金

公式ウェブサイト:https://toastme.com/

調達額:2ラウンドで投資家4件より$ 865.93k
最新の資金調達:2015年10月9日に$ 850k

TOASTは、シンガポールのフィリピン人を対象とした送金アプリケーションです。香港では、既存の銀行インフラストラクチャを利用する必要もなく、また送金ショップで待ち行列を作る必要もなく、スマートフォンから直接送金することができます。 彼らは、最も効率的な価格提供の点で独特のものです。

その他のニュース :

https://e27.co/singapores-fin-tech-startup-toast-raising-us750k-seed-20150708/

http://fintechnews.sg/574/mobilepayments/toast-low-cost-blockchain-powered-remittances-for-the-unbanked-migrant-workers/

https://www.techinasia.com/toast-profile-seed-funding

  1. Kyepot

設立: 2015年

ビジネスモデル: FinTech – Lending

公式ウェブサイト: http://www.kyepot.com/

調達額: 3ラウンドで投資家2件より$215.93k
最新の資金調達: 2016年2月28日に$ 175k

Kyepotはソーシャルファイナンスサービスを提供しています。 銀行口座を持つ人も持たない人も信頼できるコミュニティに貯蓄できるようにするためのツールを提供しています。 借り入れコストを削減しているので、誰もがウインウインとなります。

その他のニュース:

http://www.finanzprodukt.ch/fintech/kyepot-co-founder-fintech-singapore-banks-are-not-teaching-people-how-to-save-properly/

  1. M-DAQ

設立: 2010年

ビジネスモデル: FinTech – オンライン資産管理

公式ウェブサイト: http://www.m-daq.com/

調達額: 1ラウンドで投資家2件より$11.7M
最新の資金調達: 2013年10月21日に$ 11.7MシリーズB

M-DAQは主要メンバーがFXと証券業界において平均15年の経験を有する大ベテランで構成されています。M-DAQは、「実行可能な」為替レートを株式および先物商品に混合することにより、複数の選択通貨の為替取引商品の価格設定および取引を行うゲーム・チェンジ・プラットフォームです。

M-DAQにより、証券取引所はシステムやバックエンドプロセスを大幅に変更することなく、スタートアップコストとランニングコストを抑えながら複数通貨に移行することができます。現在、すべての投資家は、プロファイルや取引規模にかかわらず、海外投資のマルチバンクFX卸売価格の恩恵を受けることができます。 通貨枠なしの世界を目指すゲームチェンジャーです。

その他のニュース:

https://www.techinasia.com/alibaba-alipay-m-daq

https://themerkle.com/alibaba-continues-expansion-plan-through-m-daq-investment/

http://ecommerceiq.asia/alipay-invested-in-singaporean-startup-m-daq/

  1. Mesitis

設立: 2013年

ビジネスモデル: FinTech – オンライン資産管理

公式ウェブサイト: https://mesitis.com/

調達額: 3ラウンドで投資家1件より$6.13M
最新の資金調達: 2016年5月16日$ 2.35M

メゾティスは個人投資家とその顧問が資産と銀行口座の集約と可視化を行うことを可能にします。彼らは3つの異なるビジネスラインを運営していますが、いずれも直接的な競争がほとんどなく、収益性が高いため選択されています。
以下を含む:
Canopy – データビジュアライゼーション
Canopy – PDFステートメントAPI
メジアム証券 – 割引仲介業者のネットワーク

その他のニュース:

https://e27.co/started-mesitis-world-needs-20150107/

https://www.techinasia.com/mesitis-canopy-series-a-funding

  1. OTDocs

設立: 2015年

ビジネスモデル: Fintech – ブロックチェーン

公式ウェブサイト: http://otdocs.com/

Open Trade Docsは金融取引におけるボトルネックとなるエラーや不正を防ぐため独自のデジタルコピーで紙原稿を補完することができます。プライベートブロックチェーンを使用することで、参加者は第三者に頼るのではなく、すべてのデータとアクセス権を制御できます。監査可能なOTDocsはブロックチェーン技術を使用して、一度書かれたデータをシステム管理者が修正することができないようにします。

その他のニュース:

https://www.techinasia.com/mesitis-canopy-series-a-funding

  1. CoAssets

設立: 2013年

ビジネスモデル: FinTech – クラウドファンド/投資

公式ウェブサイト: http://www.coassets.com/

調達額:1ラウンドで投資家1件より $736.83k
最新の資金調達: 2015年2月12日$ 736.83kシリーズA

CoAssetsはアジア初の上場クラウドファンディングプラットフォームです。 このプラットフォームは、不動産開発者や専門的な投資機会を持つ熱心な投資家が集まるプラットフォームです。

http://www.channelnewsasia.com/news/business/singapore/singapore-s-coassets-is-first-crowdfunding-firm-to-list-in/3105106.html

http://www.straitstimes.com/business/companies-markets/singapore-crowdfunding-firm-coassets-lists-in-australia

https://www.crowdfundinsider.com/2016/05/86294-coassets-expands-opens-second-singapore-office/

  1. TradeHero

設立: 2012年

ビジネスモデル: FinTech – 財務管理/比較

公式ウェブサイト: http://en.tradehero.mobi/

調達額: 2ラウンドで投資家4件より$10.46M
最新の資金調達: 2013年9月26日$ 10MシリーズA

トレードヒーローは、アプリ開発者のMyHeroによって2012年に創設されました。トレーダーのためのプラットフォームを提供しソーシャルアプリやモバイルゲームアプリの取引により収益化・マネタイズ出来るプラットフォームの提供を使命としています。

TradeHeroは無料の株式市場シミュレーションアプリです。これは証券取引所から実世界のデータを引き出し、世界的な社会投資ネットワークを作り出します。

ユーザーは、ソーシャルネットワークの友達や世界中のユーザーとのグローバルリーダーボードと競争することができます。初心者や知識のあるトレーダーを集め、初心者のトレーダーがプッシュ通知を利用して株式ヒントを購読できるようにし、トップトレーダーが信者の購読料を得ることができます。

その他のニュース:

https://www.techinasia.com/tradehero-just-pure-epic

https://www.techinasia.com/tech-in-asia-singapore-2015-tradehero

  1. Call Levels

設立: 2014年

ビジネスモデル: FinTech – データ管理

公式ウェブサイト: https://www.call-levels.com/

調達額: 2ラウンドで投資家6件より$500k
最新の資金調達: 2016年1月10日非公開

コールレベルは、ユーザーの金融資産を追跡するための、シンプルなオリジナルの信頼できるツールです。 自動通知機能により、ユーザーは時間のかかる市場分析タスクから解放されます。

その他のニュース:

https://www.techinasia.com/singaporean-fintech-startup-call-levels-investment-by-lippo-group

  1. FitSense

設立: 2015年

ビジネスモデル: FinTech – 保険

公式ウェブサイト: http://www.getfitsense.com/

調達額: 1ラウンドで投資家2件より$16.29k
最新の資金調達: 2015年12月8日$ 16.29kシード
Fitsenseは保険会社と協力し、保険料を節約する最も効果的で便利で信頼できる方法としてスマートフォンやウェアラブルを持っている人の保険料を削減するためにウェアラブルデータを使用して保険をパーソナライズするためのデータ分析プラットフォームを開発しています。

その他のニュース:

https://dailyfintech.com/2015/10/08/its-all-about-the-data-how-wearables-tech-enables-life-and-health-insurers-to-better-understand-and-engage-with-customers/ 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る